お店ブランディングのつくり方

そもそも「ブランディング」とは何か?

「ブランディング」に関しては、様々な本があります。今回お伝えしたいと思っている話は、MBAなどに出てくる経営理論ではなく、巷の、小さなお店がどのようにして、自店のブランディングを行っていくか?この事についてお話させていただきたいと思います。

そもそもブランドとは、数ある製品の中から、顧客が、質の高い製品を選択することが、簡単にできるようにするための 記号のようなものと言われていました。

「このマークが付いている製品だから、安心できる、間違いない」 と、判断する為のマーク=ブランドでした。これは、商品サービスの提供者から見ると、ブランドは、顧客との約束と言う意味があると考えています。

そして昨今では、このブランドを利用し、商品販売を行う。いわゆる、ブランドマーケティングという手法が広まっています。

元気ハツラツ?=オロナミンC
ファイト一発!?=リポビタンD
目肩腰に?=アリナミンEX
ごほんときたら?=龍角散

ようは、●●といえば、○○。これをユーザーに認識させることによって、 顧客の心の中に、ブランドマークを、つくってしまうということです。

店舗における「ブランディング」とは?

それでは、店舗におけるブランディングとは?どういうことを指すのでしょうか?店舗におけるブランディングは、口コミを誘発するための、手法になります。

ブランド化すると、口コミが発生します。口コミが発生すると集客数が増えます。しかも、ほぼ無料です。無料の販促施策、それが、店舗ブランディングです。

そして、店舗ブランドを構築する為には、重要な3つの要素が必要になります。それは、

  1. 商品・サービス
  2. 物語(ストーリー)

上記3つのポイントが重要になります。

店舗ブランドは、人(つまりあなた自身)、そして素晴らしい商品・サービス、あとは、ちょっとした小話(ストーリー)。

この3つが合い重なったとき、構築されます。

人と商品サービスとストーリー

あなたが友達から、お店を紹介してもらうとき、 こんな風に聞くと、ついつい行ってみたくなりませんか?

「美味しい焼き鳥屋さんがあるんだけど、そこのお店の店主は、フランス料理をずっと修業してて、 ワインと焼き鳥の旨い食べ方を教えてくれるんだよ」

「美味しいうどん屋さんがあるんだけど、 そこの親父は、うどんの食べ方にかなりうるさくて ひとりひとりカウンター越しに、生醤油うどんの食べ方を、 きっちり教えてくれるんだよ、間違えるとかなり怒られるけどね(笑)」

人、商品・サービス、物語。

簡単に言うと、こんな感じです。難しく考える必要はありません。

店舗ブランドは、口コミを発生させるための手段であり、簡単に他人に伝えれるくらいのものにまとめなければなりません。

自分が前面に出るのを嫌がる経営者の方も多数しますが、それでは、いつまでたっても口コミは生まれません。

あなた自身の性格、こだわりを全面に出し、商品サービスの品質の良さを一言で伝え、あとは、ちょっとしたストーリを作るのです。

ここで、重要なポイントは、顧客目線で考えない事です。あくまで、あなた自身のこだわり、お店のエゴをぶつけるのです。

なかなか、自店のこだわりや自分の特徴をみつけることができない、とおっしゃる経営者の方もいらっしゃいますが、それは、顧客の目線に立って、どう思われるかを過剰に意識してしまっているからです。

あくまで、あなたの一方的な想い、自分の生い立ち、何故、今の業界にいるのか?なぜ独立し店舗を経営しているのか?

原点に立ち戻り、自店のブランド構築をよく考えてみてください。

ある飲食店のブランディング事例

とある日の会話。

「今日どこ飲みに行く?」

「あ、そうだ今日、イタメシなんてどう?」

「いいねー、ところで、どっか美味しいイタメシ知ってるの?」

「すげー美味いとこがあるんだけど、そこのシェフって、本場ナポリで日本人で初めて、国から食堂の認可を受けた人らしいよ。」

「へぇー、ナポリの食堂って国から認可受けるんだね」

「そうそう、それでね、そのお店は、港の近くにあるんだけど、そこに着く船を利用して、直接イタリアから食材仕入れているらしいんだ。その食材は、そこのお店のブランドで百貨店とかでも売られているらしいよ!」

「すごいね、ナポリで初めて認められた日本人シェフと、その本場の食材を生かした料理、絶対行きたい!」

「うん!行こう!そのわりに、価格もそんなに高くないから、おなか一杯食べに行こう」

あなたも行ってみたいと思いませんか?こんなお店。そして、あなた自身が、こんなお店を知っていたら、是非、知人に教えてあげたいとおもいませんか?少しそのお店を知っていることを自慢したくなりますね。

口コミが起こりやすい、店舗ブランドの構成要素は、この3点です。

  1. 商品・サービス
  2. 物語(ストーリー)

これが「店舗ブランド」を構成する3要素です。

  1. 人…「ナポリで認可を受けた初の日本人」
  2. 商品・サービス…「本場ナポリから直に仕入れている食材」
  3. 物語(ストーリー)…(人と商品が二つともそのままストーリーになっている)+百貨店でも取引されているらしい。

その他のブランディング事例

とある焼肉屋さん

  1. 人…「芸人なのに焼肉屋経営者」
  2. 商品…「安価なメニュー構成、有名人が企画提供したメニューがおもしろい」
  3. 物語(ストーリー)…芸人として売れなかった頃、このままでは、娘夫妻が不憫なので、義理のお母さんが経営していた焼肉屋さんをその芸人さんに、譲ることにした。芸人も辞めて焼肉屋で行こうとおもっていたらしい。それが今では、芸人としても、焼肉屋としても大成功しているらしい。

とある酒屋さん

  1. 人…近所でも有名な名物親父。書道と歌を歌うのが好き。良く、全国放送の取材も受けている。タレントみたいな主人。
  2. 商品・サービス…本場新潟だけでなく、日本中の地酒を中心とした日本酒の専門店。
  3. 物語・ストーリー…酒屋の仕事はほとんどせずに、いつも自分のリサイタルの企画をしている。でもその地域の住民達は、明るい主人のことが大好きで、そのリサイタルには、ほぼその地域の住民すべてが、参加するらしい。新潟の名物酒屋。

 


著書紹介

社長はぜんぶ好き嫌いで決めなさい

ジョジョの戦略 最後に必ず勝利する方法

独立1年目から仕事が途切れない 稼ぐコンサルタントの起業術

ジョジョの覚悟 今の自分を超える方法

「ワンピース」はなぜ人の心をつかむのか

お金をかけずに繁盛店に変える本

繁盛店主の7つの教え

知識ゼロでもできる 繁盛店0円開業法

富田英太公式LINE@
無料メールマガジン

店舗経営・黒字化のススメ

弊社代表の富田英太が、10年かけて積み上げてきた経営の改善手法や、マネジメント方法をわかりやすくメールで解説していきます。

資本をかけずに、店舗を蘇らせたい。スタッフへの教育方法を知りたい。紹介のお客様を増やしたい。 お店のブランドを創りたい。店舗経営について勉強したい。そんな方に、おすすめです。

また弊社主催の勉強会や各コンサルタントの活動状況もご報告していきます。メールアドレスのみお気軽にご登録ください。

バックナンバーはこちら

会社案内

株式会社
アチーブメントストラテジー社

富田 英太(トミタ ヒデヒロ)

〒534-0027
大阪府大阪市都島区中野町
3丁目4-28

TEL 03-3833-3488
(平日 9時~17時)
FAX 03-3832-2757

ブログ「やっぱとみた」
富田のブログ「やっぱとみた」