お店にお金が残らない理由

いよいよ多くの店舗経営者にとって、一番耳が痛いかも知れない?!数字の管理について、お話していきたいと思います。まず初めにしっかりと認識してほしいのは、経営における数字とは、計算することではありません。飲み会で、いち早く割り勘の計算ができる人が、数字に強いわけではありません。数学の公式をたくさん覚えている人が、数字に強いというわけではありません。

では、経営における数字の強さとは、一体何を指すのでしょうか?経理と財務という言葉を聞いたことがありますか?もちろんありますよね。でもこの二つの本当の意味をご存知でしょうか?まずは、経営者として、この二つの意味をしっかりと認識していきましょう。

まずは、経理。これは比較的、馴染みが深い言葉かもしれませんね。毎日、帳簿をつけて、毎月、出て行くお金と、入ってくるお金を計算する。伝票、領収書などを整理して、期末には、税理士の先生にお願いして決算、もしくは確定申告を行い、税金を払いますよね。

多くの店舗経営者の方は、これが経理だと考えていると思います。しかしながら、経理とは、読んで字の如く、「経」と「理」すなわち、経営の管理です。経営の結果は、この経理に全て現れます。過去の店舗経営の全てを数字でチェックし、データとして蓄積します。そして過去の数値をしっかりと経営者自身が把握し、経営の指針としなければなりません。税金を納めたら終わりではありません。経理とは、経営の通信簿みたいなものですね。この通信簿は、ここから傾向と対策を練る為にあります。

そこで日々、経理のチェックの細かさに関しては徹底しなければなりません。なぜならば、経理の誤差は、そのまま、お店の経営状態に影響するからです。経営の通信簿である経理の帳簿が狂っていると、経営を見直す指針を失います。何が間違いで、何が正しいのか、何が失敗で、何が成功なのか、数字上でしかわからない成果があいまいになってしまいます。

それだけではありません。帳簿の狂いは、そのまま店舗の運営管理にも影響を及ぼします。帳簿の狂いは、現金の管理をおろそかにしてしまいます。お店のレジに入っているお金があっているかどうかも分からなくなってしまいます。最初は、ちょっとしたほころびでも、ゆくゆくは大きな穴になり、どんどんお金があわなくなります。

これを、「どんぶり勘定」と呼んでいます。儲かっているお店は、いいかもしれませんが、赤字店舗にも関わらず、この「どんぶり勘定」をしている経営者が多い。実は儲かっているお店の方が、より細かく徹底して経理管理をしています。どれだけ努力しても、この経理という出口をしっかり閉めていないため、折角稼いだお金は垂れ流し状態。それではもったいない。経理は、しっかり徹底してチェックしてください。

大企業はもちろん、中小企業でも、経理部というのがあります。そこで、毎月のお金の出入りを計算し、チェックします。その数字が、1円でも合わない場合は、大変なことになります。月日を遡り合わない原因を、徹底追究します。銀行でも3時に窓口が閉まってから、全員で金銭のチェック。1円でも合わないと帰社することができません。何故ここまで、徹底する必要があるのでしょうか?

例えば、年商600万円の小さいお店で、月3000円のずれがあったとします。年間で36000円。微々たるものと感じるかもしれません。600万円分の36000円、0.6%の損失です。しかし、年商が上がるにつれ最初は微々たるズレが、とても大きい損失に変わっていきます。月3000円のズレが、発覚せずにいた場合、月30000円のズレも発覚しません。そうやって、損失は莫大なものとなり、「ザル」の文字通り、利益は溜まることなく、垂れ流し状態になるのです。

以上のような理由から、あなたの店は、数多ある企業以上に、経理を徹底しなければなりません。特に企業と違い、現金商売をしている店舗については、現金管理が重要です。 私が、コンサルタントをしていて、一番困る、経営者の悩みは、お金の管理についてです。「レジのお金が合わない」

あなたも経験したことがあるかもしれません。レジのお金が合わない理由は色々あります。ミスもありますし、もしかすると作為的な場合もあるかもしれません。しかしながら、同じお店で働いてくれているスタッフを疑ったりすることは、非常に悲しく原因が大体、特定できている場合でも、追究するには至らないケースが非常に多いですね。気持ちは分かりますが、私の経験上、そのままにしている場合、結局見過ごす訳にいかないところまで悪化するか、その原因が露呈しなくても、スタッフ同士、疑いが広がってしまい、お店は、さらに悪い雰囲気になってしまいます。

レジのお金が合わない時点で、すぐに徹底的に原因追求するという体制であるということを、スタッフ全員に認識してもらいましょう。あなたと、スタッフの大事なお店を潰さない為に、そこに関しては非情に徹してください。これも経営者の役割です。どんな些細な金額でも、お店の現金管理はしっかりやりましょう。


著書紹介

社長はぜんぶ好き嫌いで決めなさい

ジョジョの戦略 最後に必ず勝利する方法

独立1年目から仕事が途切れない 稼ぐコンサルタントの起業術

ジョジョの覚悟 今の自分を超える方法

「ワンピース」はなぜ人の心をつかむのか

お金をかけずに繁盛店に変える本

繁盛店主の7つの教え

知識ゼロでもできる 繁盛店0円開業法

富田英太公式LINE@
無料メールマガジン

店舗経営・黒字化のススメ

弊社代表の富田英太が、10年かけて積み上げてきた経営の改善手法や、マネジメント方法をわかりやすくメールで解説していきます。

資本をかけずに、店舗を蘇らせたい。スタッフへの教育方法を知りたい。紹介のお客様を増やしたい。 お店のブランドを創りたい。店舗経営について勉強したい。そんな方に、おすすめです。

また弊社主催の勉強会や各コンサルタントの活動状況もご報告していきます。メールアドレスのみお気軽にご登録ください。

バックナンバーはこちら

会社案内

株式会社
アチーブメントストラテジー社

富田 英太(トミタ ヒデヒロ)

〒534-0027
大阪府大阪市都島区中野町
3丁目4-28

TEL 03-3833-3488
(平日 9時~17時)
FAX 03-3832-2757

ブログ「やっぱとみた」
富田のブログ「やっぱとみた」