【店舗経営・黒字化のススメ】役割と責任/富田英太

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
富田英太の店舗経営・黒字化のススメ
メールマガジン 2018年9月9日発行【第401号】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おつかれさまです!

富田です。

地元関西、今年は、本当に災害の当たり年ですね。
そうこう言っているうちに、北海道でも大変な地震が。

友人・親戚、有り難い事に全員無事で、なによりです。

実家の屋根瓦は吹き飛んだようでしたが、
人にケガなどなく、不幸中の幸いです。

ホントにボロ木造の家なので、
ちょっとそろそろなんとかしないといけないだろうなという感じです。

年齢と共に、かかる費用の桁が増えてきますね(笑)

今日は、組織においてのお話。

チームワークが大切だということは
誰でもよくわかっています。

ですが

“いいチームワークを築くための方法論”

についてはあまり議論されません。

もしくは

“議論する場がない”

というのが
本当のところでしょう。

もし仮に、組織に
いいチームワークが
築けてない状態で、

いい結果(実績)に
たどり着いても

きっと心の満足感は
得られないのではないかと思います。

それぞれが個々に
“自己”満足感を得て終わり。

だから次につながらない。

そんな気がします。

組織、集団は必ず
リーダーとメンバーで
成り立っています。

ほとんどの組織は
リーダーが決めて
メンバーは従うだけ。

という図式が多い。

つまりメンバーは
リーダーの思考の範囲内で
細目をやりとりするに
過ぎないことがほとんどです。

でも「チームワーク」を
語るのであれば
リーダーとメンバーの立場は
もっと流動的でないといけないと思います。

物事が決定するまでは
リーダーもメンバーも
対等になって自由にものを言い合う。

リーダーとメンバーは
常に対等であり
違うのは

“権限と責任のみ”

であるべきです。

重要なのは
「誰が正しいか」ではなく、「何が正しいか」

上司だから「正」
部下だから「誤」
というのは
全くの間違いです。

部下からの提案は
例えどんなにくだらないものでも
決して否定はしない。

うんうんと
うなずいて聞いてあげる。

そして、聞くだけでなく
自分の意見も話して(教えて)あげる。

それを繰り返すことが
「部下を育てる」
ということなんじゃないかと思います。

部下というのは
上司と違って
全てを知った上で意見
提案をするわけではないので

ズレた意見があって当然。

むしろそういう視点も
あるんだと上司は学ぶべきです。

そして、できる限り
ほんの少しずつでも
全員の意見を加味した決定が
できればベストです。

そして物事が
全員納得づくで決まったら
メンバーもリーダーも自分の立場に戻り

それぞれの役割を
全力でこなす。

自分のやるべきことに専念する。

「物事が決まるまではみんな対等」で

「決定したことはみんな自分の立場の中で責任を持って全力で取り組む」

これこそがチームワークであり
これを繰り返すことが
お互いの信頼関係を密なものにしていく。

こういった

「対等の関係」と「役割の関係」

をしっかりと使い分けることが

よいチームワークを
築くための行動基準であると思います。

チームワークに関するお話も
LINE@に登録いただけると
ご覧になれますので
ぜひ、私のLINE@に
登録してみてくださいね。

【富田英太公式LINE@の登録はこちらから】
→ https://line.me/ti/p/@dqe0521g

繁盛しているお店は
こういったチームワークが
しっかり築けていることが多いです。

ぜひこの機会に
もう一度、自店のチームワークについて
考えてみてくださいね!

毎日ブログの更新がんばってます。
お時間の御座います時にぜひご一読ください。

やっぱとみたブログ → http://yappatomita.com/

 


著書紹介

社長はぜんぶ好き嫌いで決めなさい

ジョジョの戦略 最後に必ず勝利する方法

独立1年目から仕事が途切れない 稼ぐコンサルタントの起業術

ジョジョの覚悟 今の自分を超える方法

「ワンピース」はなぜ人の心をつかむのか

お金をかけずに繁盛店に変える本

繁盛店主の7つの教え

知識ゼロでもできる 繁盛店0円開業法

富田英太公式LINE@
無料メールマガジン

店舗経営・黒字化のススメ

弊社代表の富田英太が、10年かけて積み上げてきた経営の改善手法や、マネジメント方法をわかりやすくメールで解説していきます。

資本をかけずに、店舗を蘇らせたい。スタッフへの教育方法を知りたい。紹介のお客様を増やしたい。 お店のブランドを創りたい。店舗経営について勉強したい。そんな方に、おすすめです。

また弊社主催の勉強会や各コンサルタントの活動状況もご報告していきます。メールアドレスのみお気軽にご登録ください。

バックナンバーはこちら

会社案内

株式会社
アチーブメントストラテジー社

富田 英太(トミタ ヒデヒロ)

〒534-0027
大阪府大阪市都島区中野町
3丁目4-28

TEL 03-3833-3488
(平日 9時~17時)
FAX 03-3832-2757

ブログ「やっぱとみた」
富田のブログ「やっぱとみた」